今人気の個別指導、英語の成績アップにおすすめの塾をナビゲート!
HOME >  受験英語でつまづかないための勉強法 >  長文がサクサク読めるコツ

長文がサクサク読めるコツ

受験英語のカギを握るのが、英語長文読解。

受験本番で多くの時間をとられ、足を引っ張られることもしばしば…。英単語はある程度マスターしたし、英文法も分かっているのに長文は苦手という生徒もいるほど、独学ではなかなか上達しないのが長文読解のやっかいなところ。

大学受験の長文読解、プロの勉強法とは?

英語の成績アップに必要な長文読解を、プロはどう教えているのでしょう.。そのテクニックを探るべくここでは、英語で有名な個別塾ECCベストワンの長文読解手法をご紹介したいと思います。

英語教育の先駆けであるECCから生まれた個別指導、ECCベストワンは、大学受験対策として長文読解の実力アップに力を入れており、その実績には定評があります。

やっぱり重要!英単語と英文法

まず、基礎固めは実に王道。まずは単語や熟語、構文理解、文法理解のトレーニングを積み重ねていきます。

基礎が固まったら、次に行うのが長文の概要を把握する訓練。長文読解は、制限時間内にどれだけ概要をつかめるかが勝負です。

受験対策は、蓄積されたデータ数がものをいう?

生徒はどのようにして内容把握の力をつけていくのか? 実はここから、予備校や個別指導塾の持つ実績がものをいいます。

というのも、受験英語は毎年類題が出されるため、情報を蓄積している予備校や個別指導塾を使って、有利に学習を進めることができるからです。

長文読解では、一行を確実に読むことよりも、トピックを正確に理解することが肝心。塾が持つデータの中から、その年に出題されそうなテーマの長文を使って訓練することで、内容把握は効率的になります。

例えば、最近テーマとなりやすい温暖化や高齢化問題などが受験で出題されたとしましょう。予備校や指導塾で似たようなテーマの長文に触れている生徒には、ある程度、どんな内容が書いてあるかは予想がつき、読解は格段に効率的になるのです。

しかも、受験英語で出題される長文の傾向は決まっているんだとか。その内容を把握している塾は、やはり受験に強いのです。

受験の長文読解の最新傾向について、もっと詳しくご覧になりたい方は、ECCベストワンのサイトを覗いてみてくださいね。

ECCベストワンの長文読解について、詳しくはこちらで公開中です。