今人気の個別指導、英語の成績アップにおすすめの塾をナビゲート!
HOME >  個別指導の英語塾を選ぶポイント >  塾の指導方針をチェック

塾の指導方針をチェック

子供の勉強を任せる保護者として、やはり気になるのが塾講師の質。評判の良い塾講師を探すために、保護者目線での見極め方法をご紹介します。

塾講師の質を決定づける教室の指導方針

評判の良い塾講師がいる教室の特徴は、講師の指導方針が徹底されています。

特に講師の人材不足が続く個別指導の場合、大半が大学生を塾講師として採用しているのが現状。塾講師個人の能力以上に、教えるノウハウをきちんと身につけているかが問題です。

保護者目線の講師チェックポイント

子供が通う学校での口コミや評判をうのみにしない

子供たちの間で評判の良い講師は、必ずしも優秀とは限りません。

というのも、子供に人気の塾講師は、宿題を忘れても怒らない、成績が下がっても何も言わない、生徒を甘やかしてくれるなど、子供にとって楽で都合の良い塾講師である可能性も。

だからこそ、保護者が客観的に塾講師の評判を見極める必要があるのです。

ホームページやパンフレットの講師紹介や採用基準を見る

どんな講師がいるのか、どんな講師を採用しているのかを塾のホームページなどに紹介されている場合は、目を通してみてください。

時々、有名大の学生をずらりと揃えている個別塾もあります。しかし、塾講師として優れているかは、講師本人の偏差値と必ずしも比例するわけではありません。

重要なのは、塾講師にどのような研修を行っているか。むしろ、講師個人の能力に頼っているような塾は、独自の成績アップ法を持たず、実績もないような教室かもしれません。

体験授業や面接で室長(校長)に講師の指導方針を聞く

入塾の前に下見をし、各教室の責任者である室長や校長と面談することをおすすめします。

個別指導塾では、区切られたブースで授業が進行します。そのため、講師だけではなく、校長が生徒一人ひとりの進捗をきちんと把握しているはず。

どの生徒がどの塾講師のもとで、どんな授業を行っているのか、責任者が把握していない塾は、心配です。

ずばり、面談の際は室長に、塾講師はどのように研修しているのか、どんな人材を採用しているのか、聞いてみてください。